病院・クリニック検索はこちら

サイト内検索はこちら

顕微授精とは?

体外受精のうちの1つで、卵子に極細の針で1個の精子を直接注入させて受精させる方法を言う。これまで主に3種類の顕微授精があり、卵子を取り囲む透明帯に穴を開ける「PZD法」や、透明帯と卵細胞質膜に間に精子を注入する「SUZI法」がありましたが、近年は、卵子の細胞質内に極細の針で1個の精子を注入するICSI法が行なわれている。受精移行は、通常の媒精による体外受精と同じ行程。

精子が1個でも、受精へ

重度の男性不妊で、媒精でも受精に導けないほど精子数が少なかった場合、顕微授精が登場するまでは妊娠を諦めざるを得ませんでした。しかし、1992年顕微授精による初めての成功例がベルギーで出て以来、多くの夫婦のが顕微授精により親となることができています。また、顕微授精の技術や培養技術の向上により、無精子症でも精巣や精巣上体から得た精子を顕微授精することにも成功、そのほかにも媒精で受精しなかった場合などにも適応されるようになり、その受精率の高さからスプリットICSI(1回の採卵で採取された卵子を2 つのグループに分け、媒精と顕微授精の両方で受精を試みる方法 )という方法にも広がりを見せています。元気な精子、または精子が1個でも、顕微授精を行なえば受精卵を得られるようになってきています。

顕微授精の適応は?

顕微授精の適応は、
(1)重度の男性不妊
(2)受精障害(媒精で受精しなかった)
の主に2つです。ただし、最近は顕微授精技術の向上により、確実に受精卵を得るためにスプリットICSIなどを行なうクリニック、病院も増えています。また、媒精で受精を試みた結果、受精しなかった卵子に対して顕微授精をするレスキューICSIという方法もあります。
媒精は、卵子と精子の力で受精が起こりますが、顕微授精は人の手で受精をさせるという大きな違いがあります。精子を選ぶのも、それを卵子を注入するのも人が行ないますから、そこには安全性と高い倫理観が必要になってきます。安全性については、初めてのICSIで誕生した子が生殖可能な年代となり、その子が生殖が可能であるのか、また問題なく成長をしているかなどの報告が待たれるところです。

より確かな顕微授精を行なうために

精子は約全長0.06ミリ、卵胞は約20ミリです。この小さな小さな細胞の出会いが、大きな幸せを運んできます。
これまでの体外受精、顕微授精において精液所見は、特に精子濃度、運動率などが重要視されてきました。でも精子1つ1つの質を考えた時にはどうでしょう。特に顕微授精では培養士が「これ」と決めた精子に間違いはないのでしょうか。
より確かな精子を選ぶために、通常よりも高い倍率の顕微鏡で精子を観察するIMSIという設備を使い、精子頭部に穴やへこみのないものを顕微授精することができるようになりました。また、紡錘体(染色体を正しく分裂させるための装置のような役割をもつもの)の位置を確認して顕微授精をするシステムや、微弱なパルスをあて、卵子に余計なストレスをかけずに顕微授精するシステム(ピエゾICSI)などが登場しています。これにより、より確かで、確実に顕微授精することができるようになっています。

こだわりの病院選び

メディカルパーク横浜杉山産婦人科 丸の内神戸ARTレディスクリニックレディースクリニック北浜新橋夢クリニックとくおかレディースクリニック池袋えざきレディースクリニック桜十字渋谷バースクリニッククリニックドゥランジュ明大前アートクリニックオーク住吉産婦人科芝公園かみやまクリニック