病院・クリニック検索はこちら

サイト内検索はこちら

卵管鏡下卵管形成術

卵管の塞がってしまっている箇所、狭くなってしまっている箇所を改善できる手術

卵管鏡下卵管形成術(FT)は、卵管因子による不妊原因は全体の約3割強、卵管通過障害による体外受精を自然妊娠へ導く可能性がある手術治療です。
卵管因子による不妊の割合は3割強と言われ、卵管閉塞のため卵管鏡下卵管形成術を行ない、自然妊娠をされた方は、その中の約3割という統計結果もでていることから、術後の自然妊娠の期待も高まる治療法です。痛みも少なく外来で行なうことができ、保険も適用となります。
今まで体外受精でしか妊娠の見込みはないとされた方でも、この手術後に自然妊娠へのチャレンジの可能性も広がりますが、実施施設もこれをできる医師も限られています。

本当に必要?卵管鏡下卵管形成術

卵管鏡下卵管形成術は、卵管因子のすべてに有効なわけではなく閉塞や狭窄には有効ですが、水腫を治療することはできません。また通過性がよくなっても、再度閉塞を起こすこと、全国全体での症例数も少なく,医師の技術的な差もあるようです。また卵管の状態によっては、手術は行なったが,通過性は改善しなかったケースもあることから、術前に十分な説明を受け、リスクやメリット、デメリットも十分理解してから行ないましょう。

卵管鏡下卵管形成術の方法は?

卵管は長さ約10cm、直径は細いところで約1mmしかありません。その内部に卵管鏡(直径0.6mm)の入った直径1.25mmの細い管を、腟から子宮を通して卵管に入れていくという、非常に繊細な場所に特殊な器具を使用し、細かい手順や微妙な手先の感覚で手術が進められるため、熟練した技術が必要です。閉塞(つまっている)や狭窄(狭くなっている)をおこしている卵管をバルーンと呼ばれるプラスチックの伸び縮みする細い管を用いて再開通し、最後に卵管鏡で卵管内腔を観察する方法で、日帰りでの手術が可能です。

卵管鏡下卵管形成術後に自然妊娠も

体外受精を何度もされてきた方が、この治療を受けて自然妊娠したというケースも多々あり、体外受精などでかかる身体的、肉体的負担、精神的負担、金銭的負担を考えると今後の普及に期待がかかります。
卵管閉塞や卵管狭窄がみつかり、体外受精しか方法がないと言われた場合、この卵管鏡下卵管形成術の適用が可能かどうかを検討してもいいかもしれません。
ただ、実施する病院が限られているため、通院している病院では手術が受けられないこともあります。通院する病院で受けられない治療であっても、自分にとって有効と考えられるならば、手術を受けられる病院へ問い合わせてみてもいいでしょう。

こだわりの病院選び

クリニックドゥランジュ桜十字渋谷バースクリニックとくおかレディースクリニックレディースクリニック北浜神戸ARTレディスクリニックメディカルパーク横浜杉山産婦人科 丸の内新橋夢クリニック池袋えざきレディースクリニック芝公園かみやまクリニックオーク住吉産婦人科明大前アートクリニック