病院・クリニック検索はこちら

サイト内検索はこちら

体外受精とは?

体外受精は、妻の卵巣から、十分に成長し成熟した卵胞内にある卵子を採取し、夫の洗浄濃縮した精子を振りかけるようにして出合わせ受精を待つ。受精卵は、一定期間培養し、妻の子宮腔内に移植し、妊娠を目指す方法。

高度な生殖医療技術、その歴史は30年以上

世界で初めて体外受精に成功したのは1978年、英国でのことでした。日本では1983年に成功しています。
体外受精のプロセスは、(1)排卵誘発、(2)採卵、(3)採精および精子の調整、(4)受精および培養、(5)胚移植の5つからなり、どのプロセスも重要ポイントになります。ただ、妊娠の要は卵子の質にあることから、排卵誘発方法は特に重要となります。
では、1つずつプロセスを説明しましょう。

(1) 排卵誘発

十分に成熟した質のよい卵を採ることが重要なポイントです。排卵誘発の方法や考え方は様々で自然に大きくなってくる卵を自然に、もしくは低刺激の誘発剤で卵巣に負担の少ない方法、または排卵誘発剤を多量に使いたくさんの卵を採卵する方法があります。
どの方法を選択するかは、医師の考え方や患者の卵巣機能、胞状卵胞数(採卵周期にエントリーされている卵胞の数)、年齢などから考慮されます。

(2) 採卵

十分に成熟した卵胞から卵胞液ごと卵子を採取するのが採卵手術です。静脈麻酔を使用する、座薬のみ、もしくは無麻酔での方法があります。麻酔の使用、不使用は、医師の考え方、また採卵を予定する卵胞数などによっても変わります。

(3) 採精および精子の調整

多くの場合は、採卵手術当日、自宅もしくは院内で採精します。場合によっては、あらかじめ採取した精液を調整して凍結しておいたものを融解して使用します。精子の調整にはスイムアップ法、アイソレート法、パーコール法などの方法があり、この調整により精液より運動性のある精子のみを回収します。

(4) 受精および培養

採取された卵胞液の中から卵子を回収後、インキュベータの中で前培養をし卵子の成熟を待ちます。前培養後、調整済みの精子を卵子に振りかけるようにし、受精を待ちます(媒精)。受精の完了は、卵に第二極体と雌雄の前核が見られることでわかります(媒精後約17~20時間後)。やがて雌雄の前核は1つになり、その後2つに細胞分裂し、成長していきます。

(5) 胚移植

一定期間培養した胚を子宮腔内に戻すことを胚移植といいます。採卵周期に胚移植する場合を新鮮胚移植、一度凍結をした胚を移植することを凍結融解胚移植といいます。また、採卵から2日後の4~8分割胚を移植することを初期胚移植、5日ほど培養し胚盤胞になった胚を移植することを胚盤胞移植といいます。

妊娠に導けるか否かのポイントの1つとしてあげられるのが、質のよい受精卵(胚)が得られるかどうかということです。質のよい受精卵を得るためには、質のよい卵と精子が必要になります。

体外受精の適応は?

体外受精の適応は、主に以下の6つです。
(1)精液検査で精子数や運動率が低かった場合
(2)両卵管に閉塞がみつかった場合
(3)一般不妊治療で妊娠が成立しなかった場合
(4)ピックアップ障害が疑われる場合
(5)妻の年齢が高い場合
(6)不妊原因がわからない場合

体外受精の適応は、ここ近年、幅が広くなってきました。特に検査をしても不妊原因が見つからなかった場合に体外受精になる確率は高く、80%を越えるとも言われています。検査でわかる不妊原因は卵管の通過性や排卵の状態、子宮の様子などですが、妊娠の要になる卵子の質や受精卵の質、そして卵管采の様子を判断できる検査はありません。そのため、治療を行なうことで不妊原因がわかってくることもあります。
特に卵子の質や受精卵の質に関しては、体外受精を行なってみなければわからないこともあり、治療が検査や検証を兼ねることもあります。

体外受精の妊娠率は?

体外受精の妊娠率は、1回の治療周期で25~30%と言われています。ただこれは30代前半まで、30代後半からはこの妊娠率が下がってきます。そして、37歳くらいからは流産率があがってきますので、出産までを考えると、かなり厳しい状況になってきます。
参考に掲載したのは日本産科婦人科学会が出す統計です。
妊娠を願い、高度な医療に望みを託しても、やはり年齢の壁は大きく立ちはだかります。最新の医学を持ってしても、やはり年齢を超えることはできないのが現状です。
30代後半から不妊治療をスタートさせる場合は、厳しい現実があるということを客観的に知ることも大切なことです。
ART妊娠率・生産率・流産率

体外受精とAMH検査

最近になってAMH検査の数値を心配する声が多くなりました。AMHは、前胞状卵胞の顆粒膜細胞から分泌されるホルモンで、このホルモンの数値が高ければ卵胞数が多い、数値が低ければ卵胞数が少ないということになります。このことから、まだAMHを分泌していない卵胞数が多いか、少ないか、つまり卵巣に残されている卵胞数を予測することで卵巣年齢を知ろうということなのです。ただ、卵胞の残りが多いか、少ないかと卵子の質は関係がありません。卵子の質は年齢に関係はありますが、残りの卵胞数の多い少ないとは別なこと。AMHは、年齢の正常値はなく、どの年代にもゼロという方がいます。そのため、平均値や中央値などから、だいたいの卵巣年齢を算出しているのです。若くてもAMHが低い人もいますが、卵子の質は年齢的には心配が少ないかもしれません。逆に、高年齢でもAMHが平均値より高い人もいますが、卵子の質は年齢以下ということはないでしょう。ですから、AMH値が低いから「体外受精をしましょう」ということにはなりません。ただ、このAMHによって有効な排卵誘発方法は何かを考える、とてもいい材料になります。

こだわりの病院選び