病院・クリニック検索はこちら

サイト内検索はこちら

女性医師がいる

内診などのデリケートな診療が多い治療、決め細やかな対応が必要

女性ならではの診療と心遣いから、女性医師を希望する方も少なくありません。また、夫婦生活にかかわる微妙な問題や女性特有の心理など同性なので安心して話ができる、理解してもらいやすいなどから女性医師がいる治療施設を選んで通院する方も多くいます。
ただ、同性同士だから分かりあえる安心感というものもあれば、同性同士だから厳しくなるという反面もあるようです。

不妊治療施設の女性医師

女性医師を希望し治療施設を探す場合、受診しようとしている病院やクリニックに女性医師がいればよいですが、そうでなければ本や雑誌、インターネットなどで情報収集するのが一番手っ取り早いでしょう。
個人で開業している場合、女性医師が院長ならば診察は必ず女性医師があたります。しかし複数の医師がいるクリニックや総合病院などの場合、担当医制でなければ男性医師が診察にあたることもあるでしょう。治療施設先を決めるのに、女性医師だから、男性医師だからということにこだわるのでなく、自分と医師との間に信頼関係があり、十分なコミュニケーションが持てることが最重要。まずは、話をしてみることが大切です。

不妊治療経験のある医師

不妊治療に携わる医師の中には、男女を問わず実際に不妊治療を体験した方もいます。
タイミング指導や人工授精、体外受精などを経験し、治療の痛みや辛さ、不安や焦りなどを同じように抱いてきた経験、また仕事をしながら、家庭を持ちながら治療する大変さも知りながら、治療を提供するという貴重な存在ともいえます。
しかし、治療経験のない医師は…なの?ということではありません。同じ子どもを欲しいと願ったという立場で、また女性であれば同じ子どもを産む性であるという立場から、そして不妊治療を提供するスペシャリストとして心強く頼もしい存在といえるでしょう。

女性脳、男性脳

女性と男性では、心理的傾向に差があります。男性は理論的、平面的に物事を捉えるのに対し、女性は感性的、直線的に物事を捉える傾向があるようです。
つまり男性は、目の前に起こった出来事に対し、分析をし、目標を決め、それを達成するために行動し、女性は、目の前に起こった出来事を、どう感じ、どう思い、どうしたいかで行動する傾向があるということなのです。男性が重視するのは『情報』で、女性が重視するのは『感情』、だから同じ結論へ向かっていても『結果』がでれば良しの男性に対し『経過』を大切に考える女性は、新鮮もあり、驚きもあり、怒りもあり、辛さもありになるのかもしれません。それは男性も同じことでしょう。その差を認め合って、譲り合って、支え合うことが夫婦。何かよからぬ状態に発展しそうな時には、一歩引いてお互いを考えたら、ケンカにはならないかもしれませんね。

こだわりの病院選び