病院・クリニック検索はこちら

サイト内検索はこちら

卵巣機能が低下していても、諦めるのは、まだ早いかもしれません。

PRP療法は、自分の血液から抽出した多血小板血漿(PRP)を子宮や卵巣へ注入することで子宮内環境や卵巣機能不全の改善が期待されている再生医療です。このPRP療法は...
対談者:木下孝一 先生

i-wish ママになりたい 不妊治療のヒントに掲載

PRP治療が妊娠への扉を開いてくれることもあります!

福岡県大川市にある高木病院は、プライマリ・ケアから高度先進医療、救急医療、さらには在宅医療、予防医学に至るまで、専門性に基づく質の高い医療を提供する大きな病院です...
対談者:小島加代子 先生、野見山真理 先生

i-wish ママになりたい 卵のこと・胚のこと・着床のことに掲載

何度、胚移植しても妊娠しない人、子宮内膜が厚くならない人は、PRP治療により妊娠の可能性が高まると考えています。

胚移植をする場合、子宮内膜の厚さは7㎜以上が良いといわれています。しかし、子宮内膜が厚くならない人への治療は難しく、さまざまな方法で治療を行ってもなかなか厚くならない人...
対談者:髙見澤 聡 副院長

i-wish ママになりたい 妊娠しやすいからだづくり 2021に掲載

国内初!卵巣機能が低下している人へのPRP治療

年齢を問わず卵巣機能が低下すれば、排卵が難しくなり、排卵した卵子の質も心配されます。「もう排卵しない」「卵胞が育たない」となれば、妊娠を諦めざるを得ません。
対談者:丸田 英 先生

i-wish ママになりたい 妊娠しやすいからだづくり 2021に掲載