病院・クリニック検索はこちら

サイト内検索はこちら

教えて!今よりも楽に不妊治療を受ける方法はありますか?

今よりも楽に不妊治療を受けるためには、いろいろな側面から考える必要がありますが、まずは基本的な月経や妊娠の仕組みに関する知識を得ること、それを理解することだと思います。不妊治療の保険診療がスタートして、...
対談者:政井 哲兵 院長

早めの受診が肝心。 保険診療は不妊治療にとって 患者さんの強い味方です。

不妊治療の保険診療が始まり、当院にも多くの患者さんがお見えになっています。もともと私たちの診療方針は、一般不妊治療から体外受精まで、患者さんを丁寧に診て、適切で必要な治療を無駄のないようスケジュールしていくことです...
対談者:小山 寿美江 先生

東京では意外と実施の少ない卵管鏡下卵管形成術(FT)について

不妊に悩むカップルの中でも男性に不妊原因があるケースは約半数といわれています。その原因の多くは造精機能障害といわれる精子をつくる力の問題です。...
対談者:京野 廣一 先生

無精子症でも諦めないで!あなたがパパになる方法

不妊に悩むカップルの中でも男性に不妊原因があるケースは約半数といわれています。その原因の多くは造精機能障害といわれる精子をつくる力の問題です。...
対談者:京野 廣一 先生

これまでと大きく変わることなく保険診療による体外受精を受けることができます。

保険診療による不妊治療・体外受精がはじまり2ヵ月が過ぎた2022年6月、峯レディースクリニックを訪ね、診療の様子や患者さんたちの声をうかがってきました。...
対談者:峯 克也 院長

不妊治療のために仕事を辞めるよりも両立する方法を一緒に見つけましょう。

不妊治療に専念したいからと仕事を辞めないで!
自分が大切なものを諦めずに治療を受け、赤ちゃんを授かる方法を一緒に見つけましょう...
対談者:政井 哲兵 院長

モザイク胚しかなかったら、どうすればいいでしょうか。

「PGT-Aの結果、Aの正倍数性の胚がなく、モザイク胚だけだったらどうしましょう?」というご質問をよく受けます。
もしも、モザイク胚しかなかったら、それは移植を検討してみてもいいのではないかと思います...
対談者:峯 克也 院長

40歳から始める不妊治療。ママになるためには?

治療の内容はタイミング法、人工授精、体外受精とありますが、30歳代後半からは体外受精を検討いただくのがベターです。 なぜなら、ふたりに残された時間が少なくなってきているからです...
対談者:政井 哲兵 院長