検査のことを知っておこう

検査

不妊治療のスタートは検査から。何のためにどんな検査をするのか、知っておくと不安も薄れ、治療に対する理解も深まるでしょう。

1.一般検査

女性編

女性の検査には、月経周期※に合わせて行うものがいくつかあります。これは月経周期のいつにあたるかによって、分泌されるホルモンの種類や量が変化するからです。適切な時期に適切な量のホルモンが分泌されているかどうかは、妊娠を目指す上でとても大切なことであると同時に、不妊の原因や要因を知ることにもなります。
また、治療の初めには子宮や卵巣など妊娠と深い関わりのある器官に病気や奇形等の異常がないかを調べる各種検査を行ないます。

※月経周期とは?
月経1日目から次の月経開始の前日までが月経周期の1周期で、卵胞が育つ卵胞期、排卵が起こる排卵期、子宮が着床しやすい状態になる黄体期、月経が起こる月経期の4つに分けられます。

超音波(エコー)検査

不妊治療では膣の中に装置を入れて診る経腟エコーが主流です。卵胞の発育状況や子宮内膜の厚さを確認したり、子宮や卵巣に異常がないかを調べたりします。

ホルモン検査

血液を採取し、ホルモン量をチェックします。卵胞期、排卵期、黄体期によって卵胞刺激ホルモン(FSH)や黄体化ホルモン(LH)、卵胞ホルモン(エストロゲン)などの基礎値に違いがあるため、その値と変動の状況やホルモン分泌量の関係などを診ます。黄体期には黄体ホルモンなども確認します。
また、月経周期に関係なく行えるプロラクチンやAMHなどもあります。

AMH(アンチミュラー管ホルモン)検査

卵巣内の前胞状卵胞から分泌されるホルモンで、卵巣の予備能を確認することができます。卵が、卵巣にどれくらいあるのかを予測することができ、卵巣年齢を知る目安になります。

卵管検査

卵管が詰まっていないか、あるいは狭くなっていないかを調べる検査で、ガスを通す通気、生理食塩水を通す通水、造影剤を入れる卵管造影など、いくつかの方法があります。

頸管粘液検査

排卵が近づくと頸管粘液の性状がかわり、精子が体内に入りやすくなります。この頸管粘液の変化を確認する検査です。

ヒューナーテスト

性行後12時間以内に頸管粘液を採取して、どれくらいの精子がいるかを確認する検査です。精子の運動性や頸管粘液と精子の相性などをチェックするとともに、抗精子抗体のスクリーニング検査にもなります。

クラミジア抗体検査

卵管の癒着などを引き起こす性感染症クラミジアに感染していないか、もしくは感染歴がないかを確認する検査です。女性の場合、抗原検査は子宮頸部を綿棒のようなもので採取し、男性の場合、抗原検査は採尿して調べます。抗体検査はどちらも血液検査になります。

子宮がん検査

子宮頸がんと子宮体がんの検査がありますが、通常は子宮の入口にあたる子宮頸がんの検査を実施します。子宮頚部の細胞を採取し、がん細胞がないかを確認します。

ERA検査(子宮内膜着床能検査)について

子宮内膜には着床に適した期間(着床の窓)があります。
この期間は個人によって異なり、ERA検査では子宮内膜組織を検査し着床の窓を明らかにする事が出来ます。

男性編

子宮がん検査

男性の検査は、精液検査が基本です。2~5日程度の禁欲を経てマスターベーションで精液を採取し、精液量や精子の数、運動精子数、形状異常精子数などを調べます。
正常範囲内かどうかは、WHOが発表する正常精液所見を基準にすることが多いです。
精液検査は必ずしも1回で正確に判断できるものではありません。値が悪いからといって悲観することなく、何度か検査を受けてみてください。

2.精密検査

一般検査をしても不妊の要因が見つからなかった場合、あるいは一般検査で見つかった不妊の要因をさらに踏み込んで調べる場合に精密検査をすることがあります。

抗精子抗体

ヒューナーテストで結果が悪かった場合は、女性の血液を採取し、血清と精子を合わせ、精子の動きがどのくらい低下するかを調べます。値によって、人工授精、体外受精、顕微授精など、どの方法で妊娠を目指すのが適しているのかがわかります。

子宮鏡検査・腹腔鏡検査

子宮や卵巣、卵管に異常がないかを詳細に確認することができ、検査で問題が見つかった場合には、そのまま剥離手術を行うなども実施することができます。

染色体検査

夫婦の染色体に異常がないかを調べる検査です。流産を繰り返す場合、無月経の場合、無精子症の場合に行なうことがあります。

クルーガーテスト

特殊な染色液で精子を染めて形態を観察し、正常とされる精子タイプ1の精子が4%以上あれば問題ありません。

3.不妊治療の前に直しておきたい諸症状

月経不順・異常

妊娠と月経には深い関わりがあります。その月経が不順だったり、異常がある場合、妊娠しにくい状態であることも珍しくありません。
今すぐでなくとも、いつかは子どもを産みたいと考えているのなら、結婚している、いないにかかわらず、自分の月経に関心を持つことは、とても大切です。
月経から、ホルモン分泌の異常や子宮、卵巣等の病気がわかることもあります。

子宮や卵巣の病気

子宮筋腫や子宮内膜症、卵巣嚢腫などの病気によって妊娠しにくくなることがあります。場合によっては手術や服薬治療が必要になることもあるので、月経痛や腹痛など異常を感じたら受診をお勧めします。

太り過ぎ・やせすぎ

太りすぎ、やせすぎが月経不順を引き起こし、妊娠を妨げるひとつの要因になるとが指摘されています。もちろん、太っていても、やせていても自然妊娠する人はいます。ただ、なかには妊娠が難しくなったり、妊娠経過や出産時に問題になる場合があるので、自分の体重は適正かどうかに注意を向けましょう。

血流

血流が悪いことでさまざまな不調が出やすくなります。妊娠に関して言えば、卵巣で卵胞が育つ際、あるいは胚が子宮に着床し、育っていく際には、栄養が必要になります。その栄養は血液で運ばれますが、血流が悪いとからだに必要な栄養分が十分に行きわたらず、結果として妊娠を妨げる要因になりかねません。食事や体重管理に気を配り、血管や血流の良いからだづくりを目指しましょう。
また、適度に運動したり、ゆっくり入浴するなど、からだを温める生活をするよう心がけましょう。

その他(生活習慣)

上記の他にも、日々の生活習慣に目を向けてみましょう。

  • 規則正しく、栄養バランスの取れた食事をしているか。
  • お酒を飲み過ぎていないか。
  • 喫煙(家族も含め)をしていないか。
  • 十分な睡眠(できれば夜間に)をとれているか。

こうした生活習慣が妊娠にどれくらいの影響を及ぼすかは、明確に証明されているわけではありません。ただし、妊娠だけにとどまらず、出産、その後の子育て期間までを視野に入れると、健康であることが、とても大切だと理解できるはずです。 妊娠を意識したときに、自分の生活スタイルを見直してみるのもいいでしょう。

検査を受けるときの注意

「いったい、どんな検査をされるんだろう」「痛くないかな?」など、最初は不安だったり、緊張してしまうかもしれませんが、リラックスを心がけて!

1、服装は?

検査の種類にもよりますが、着脱の手間を考えるとパンツよりもスカートのほうがお勧めです。少しでもリラックスできるように楽なスタイルで来院しましょう。

2、所持金は?

検査によって料金は異なります。健康保険が適用になるか否かによっても料金は大きく異なります。どんな検査が必要で、どの順番で実施していくのか病院側から説明があると思うので、料金の目安も聞いておくと安心ですね。
一般的に、初診で1~3万円ほどかかります。

3、かかる時間はどのくらい?

検査によって所要時間は異なりますが、血液や細胞を採取する検査は長い時間はかかりません。大体の検査は数分~数十分程度で終わります。 病院によっては多少待ち時間が生じる場合もあるのでしょう。
女性は月経周期に合わせて検査を行うため、一通りの検査が終了するまでに1~2カ月ほどかかります。

4、説明時間や追加相談などは?

ドクターと1対1で話ができる時間は、どうしても限られてしまいます。疑問に思ったこと、不安なことなどは、看護師など他のスタッフに聞いてみるといいでしょう。病院によってはカウンセラーなどの資格を持ったスタッフが相談にのってくれるところもあります。
不妊治療の基本的なこと、体外受精などの治療周期に関することは病院が開く説明会や勉強会に参加することで理解を深めることができるでしょう。参加は無料のところが多く、通院する病院が説明会などを開いていない場合には、後学のために他の病院に参加してもいいと思います。その際には、ぜひ、ご夫婦で行ってみましょう。

無料相談はこちら

杉山産婦人科 丸の内はなおかIVFクリニック品川とくおかレディースクリニック桜十字渋谷バースクリニック池袋えざきレディースクリニックオーク住吉産婦人科芝公園かみやまクリニック三軒茶屋レディースクリニック