ロゴ

時計台記念クリニック

ホームページはこちら 電話をかける
院内の紹介 院内の紹介 院内の紹介 院内の紹介
 
写真

センター長 藤井 美穂

札幌医科大学 医学部 卒業
札幌医科大学 大学院 卒業

専門

  • 医学博士
  • 日本産婦人科学会専門医
  • 日本臨床細胞学会専門医
  • 日本医師会認定産業医

所属学会

  • 日本生殖医学会
  • 日本女性医学会
  • 日本思春期学会
  • 日本人類遺伝学会
  • 日本性差医学医療学会
  • 日本骨盤臓器脱手術学会
  • 日本女性骨盤底医学会

写真

医師 遠藤俊明

札幌医科大学卒業
札幌医科大学非常勤講師(前准教授)

専門

  • 日本産婦人科学会専門医
  • 日本生殖医学会専門医
  • 日本周産期・新生児学会専門医(母体・胎児)
  • 日本産婦人科内視鏡学会技術認定医(腹腔鏡手術)
  • 臨床遺伝専門医

所属学会

  • 日本人類遺伝学会・日本遺伝カウンセリング学会
  • 日本人類遺伝学会評議員
  • 日本生殖医学会功労会員
  • 日本産婦人科学会功労会員
  • 札幌市不妊相談員

写真

医師 板橋 詠子

旭川医科大学医学部医学科卒業

専門

  • 日本産科婦人科学会専門医

所属学会

  • 日本産科婦人科学会
  • 日本産科婦人科内視鏡学会
  • 日本生殖医学会
  • 日本女性医学会
  • 日本骨盤臓器脱手術学会

写真

医師 岸 由香

京都府立医科大学卒業

専門

  • 一般婦人科・婦人科検診

所属学会


みなさまへ

不妊症・不育症・着床障害に関する系統的検査はもちろん、道内では唯一当院だけが以下全ての不育症・着床障害の5大先端的検査を行うことができます。
①NK活性測定および高値症例に対するイントラリポス治療
②シネMRIによる子宮内膜の異常蠕動の診断
③「次世代シーケンサーによる子宮内細菌叢異常の検査:子宮内フローラ」(国内初)
④「着床ウィンドウに対するERA(endometrial receptivity analysis)」
⑤「CD138免疫染色検査:子宮内膜炎検査」
● 生殖医療専門医、産科婦人科学会専門医、胚培養士、不妊カウンセラーによるカンファレンスを毎週行い、最新の設備と技術を用いて、一人ひとりの患者様に一番適切だと考えられる治療法を提供します。
● 手術を必要とする方も腹腔鏡下手術、子宮鏡下手術、開腹手術、経腟手術など幅広い術式に対応しているため、他院へ転院する必要がありません。
● 当院には循環器内科、糖尿病内科、膠原病内科、消化器内科、外科・乳腺外科、脳外科があるため、合併症のある方も他科連携がスムーズです。
● 移行医療(Transition Medicine)も積極的に行っております。

メニューに戻る


診療内容と時間

診療内容

  • 生殖医療外来
    一般不妊治療、手術治療、体外受精
  • 不育症
  • 特殊治療

診療時間

曜日 午前 午後 夜間
月曜日 10:00-12:30 手術 緊急対応可
火曜日 10:00-12:30 手術 緊急対応可
水曜日 10:00-12:30 手術 緊急対応可
木曜日 10:00-12:30 13:30-16:30 緊急対応可
金曜日 10:00-12:30 手術 緊急対応可
土曜日 10:00-12:30※ - 緊急対応可
日曜日 - - 緊急対応可

※土曜日診療(月1回)
休診 日曜日

メニューに戻る


診療方針

写真 一般不妊治療(タイミング法、人工授精)、体外受精、顕微授精、凍結胚移植、卵子・精子凍結保存が可能です。不育症・着床不全・生殖遺伝外来では先進的な検査、治療、生殖遺伝カウンセリング等の専門的な医療を提供します。 年数回、時計台不妊教室を開き、不妊症・不育症・着床不全の基礎から最新の治療まで幅広い情報を提供しております。

メニューに戻る


費用

採卵 精子ふりかけ方法
採卵(OPU)+材料費+精子洗浄培養+媒精(c-IVF)+胚培養+胚凍結
¥210,000
採卵 顕微授精
採卵(OPU)+材料費+精子洗浄培養+媒精(c-IVF)+胚培養+胚凍結+顕微授精(ICSI)
¥260,000
凍結融解胚移植
凍結融解胚移植(Cryo ET)+孵化補助法(LAH)
¥120,000

※採卵数が多くなると、胚凍結の追加料金が加算されます。
※卵が取れなかった場合は、採卵料金と材料費で、¥80,000になります

メニューに戻る


その他

Information

【1】 生殖補助医療
当院は一般不妊治療・人工授精・体外受精・顕微授精・受精卵凍結保存・凍結胚移植・ハッチング・卵子・精子凍結保存等を行っております。設備は2015年に一新し、最新の設備を調えて、先端の技術を用いるため、受精~培養の技術は安定しています。
胚培養士が時間をかけて丁寧に治療内容や、卵子、受精卵、胚の状態を説明しているため、患者様は安心して治療を受けていただけます。採卵、胚移植のスケジュールは、できる限り患者様のご希望に沿いながら計画します。遠方にお住まいの方は、定期的な排卵誘発の注射は地元の医療機関で受けていただき、採卵や胚移植の当日のみ当院へ来院していただくことも可能です。

★月2回(金曜日)、予約制で不妊症・不育症・着床障害について専門医による電話相談も行っています。
★特殊治療(着床前診断、免疫グロブリンの治験、卵巣凍結など)は、関連施設と連携する治療体制が出来ています。
★妊娠成立後の分娩管理は責任をもって連携病院へ紹介させて頂きます。

【2】低侵襲手術
子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣腫瘍、子宮内膜ポリープ、子宮奇形などの合併があり、手術が必要な妊娠希望の方に対し、腹腔鏡下手術、子宮鏡下手術をはじめとした低侵襲手術を提供し治療をよりスムーズに進めることが可能です。

【3】不育症・着床不全・生殖遺伝外来(火曜・隔週金曜午前)
不妊症、不育症の診療は日進月歩ですが、最近特に注目されているのは、不育症(妊娠はするものの分娩に至らない場合)と着床障害(良好受精卵を移植しても妊娠しない場合)に共通する異常です。
不育症の専門外来は極めて少ない北海道において、当外来では系統的不育症検査に加え、注目を浴びている最新の検査・治療法(北海道内で以下の①~⑤5つ全ての検査が行えるのは当院だけです)が可能です。
当科は、北海道の研究グループ「さっぽろ不育症・着床障害コンソーシアム」に参加し、他の専門施設と協力して、診療のレベルアップに努めています。

① NK活性測定およびイントラリポス治療(点滴注射:脂肪製剤)
不育症の原因の一として、NK活性の異常活性化により流産することがわかってきました。NK活性高値症例に対して従来は高価な治療が行われてきましたが、当院では、より容易で負担の少ないイントラリポスの点滴によるNK活性の正常化を目指すことが可能です。
② シネMRI
子宮内膜は月経周期に合わせて動態が変化しており、うまく着床しない例では、周期的な子宮内膜の動きが異常な動態を示す可能性があります。当院ではシネMRIにより、子宮内膜の経時的変化を動画撮影して解析することが可能です。
③ 次世代シーケンサーによる子宮内細菌叢異常の検査:子宮内フローラ
子宮内のフローラ(細菌叢)のバランスを網羅的に遺伝子レベルで解析し、結果をもとに着床しやすい子宮内膜環境を作り上げることが期待できます。
④ 着床ウィンドウに対するERA(endometrial receptivity analysis)
胚の子宮内膜への着床能を評価する診断技術です。患者様一人ひとりに合った着床ウィンドウ(WOI)の時期を特定し、適した胚移植が行えます。
⑤CD138免疫染色検査
慢性子宮内膜炎(CE)は、持続する子宮内の炎症であり、形質細胞(CD138陽性)の存在が特徴的です。CEは着床障害のみならず反復流産(不育症)にも関与する可能性を示唆しています。
※上記①~⑤の生殖補助医療領域の新しい診断法、技術法は、倫理委員会を設置し、審議・認可されております。
⑥カウンセリング(毎週火曜日):TLC(tender loving care)
通常の外来では時間をかけゆっくりと相談できないため、30分以上の時間をかけ治療方針や遺伝相談についてのご相談を臨床遺伝専門医が受けています。また、治療についての不安などについても専門の心理士が対応しています。

【4】移行医療(Transition Medicine)
小児科で加療を受けていた女性が年齢を重ね内科や婦人科で診療を受ける年齢になった時に、小児科と成人の診療科を橋渡しするための医療を移行医療といい、当科では婦人科のみならず、当院循環器内科等と連携した検査、治療を行っています。
思春期の無月経や月経不順の中には、治療のタイミングが遅くなると重大な結果につながる場合があります。当科では、染色体異常、内・外性器異常などの発見につとめ、適切な治療を行います。

メニューに戻る

アクセスマップ

メニューに戻る

病院情報

住所

札幌市中央区北1条東1丁目

電話番号

011-251-2221

最寄り駅

東西線 バスセンター前
2番出口 徒歩3分
南北線・東西線・東豊線
大通31番出口より 徒歩3分

お知らせ

ふれあいi-wish / funin.info

書籍購入はこちら facebook twitter ママになりたい