自然・低刺激周期採卵法

自然に任せる、または低刺激な薬で卵をつくる自分の力を引き出しましょう。

からだに優しく、良質な卵に出会うために。医療の手を最小限に、自分の力を最大限に。
採卵数よりも1つの質を重視、からだに負担の少ない方法で

体外受精や顕微授精においては、たくさんの卵を成熟させ採卵することで妊娠率が上がると考えられがちですが、排卵誘発の方法は個々のからだの状態にあった最適なものを選択していくことが大切です。
自然・低刺激周期採卵法は、からだに起こる変化を確実に捉え、自然に大きくなってくる卵を自分の力で、もしくは低用量の排卵誘発剤を使用して卵胞を育て採卵をする方法です。
この方法で質のよい卵を採ることができれば、卵巣や子宮にかかる負担も抑えられ、からだに優しい方法と言えます。
加齢などの理由により、卵の質が低下した方などには有効な場合もありますが、卵が思うように育たない、または確実にモニタリングしていかないと自然排卵が起こってしまうケースもあります。
まずは医師の診断と照らし合わせて、この方法が自分に合っているのかを検討をして、選択することが大切です。

自然・低刺激周期採卵法とは

この採卵方法の開始時期は自然採卵なら月経開始から、低用量の排卵誘発剤を使用する場合は、月経開始5日目から開始されます。卵胞は、月経開始から毎日1.5mmずつ成長していきます。

★自然採卵法の場合★

排卵誘発剤を使用せず、頚膣超音波などで卵巣に育っている卵胞を計測し、卵胞が16mm以上になったところで、何日か卵胞計測を繰返しながら採卵日を決定し、採卵をします。
採卵される数は、通常1個ですが、排卵誘発剤を使用しないことで、からだへの負担が少なく、加齢による卵の質が低下した方などは有効な場合もあり、毎周期繰り返し行なうことも可能です。しかし卵が育たない、また自然排卵が起こってしまい採卵ができない場合もあります。

★低刺激周期採卵法の場合★

月経開始5日目から内服の排卵誘発剤、または数回の注射による排卵誘発剤を使用し卵を育てます。自然採卵法と同様に卵胞が16mm以上になったところで、何日か卵胞計測を繰返しながら採卵日を決定し、採卵をします。
使用する内服薬はクロミッドやセキソビット、注射はhMGなどを使用します。卵巣への刺激が弱いためにからだの負担が少なく、過排卵刺激周期とくらべ良好卵が採卵できるケースが多く、毎周期繰り返し行なうことも可能です。
しかし、採卵数が少なく1個~5個(hMG使用で)、ケースによっては1個も育たないこともあります。また自然排卵が起こり採卵できない場合もあります。

卵の質と加齢による卵の劣化

女性が一生のうちに排卵する数は約400~500個と言われています。年齢と共に次第に変質、劣化してきます。
加齢による卵の老化の主な原因は、卵細胞質の老化と卵を取り囲む透明帯という殻にあります。これを改善するために、若い人からの提供卵子で卵を若返らせようとする方法が海外では行なわれていますが、日本では卵子提供は認められておらず行なうことはできません。
遺伝情報は卵の核にも、細胞質にもあり、姿かたちは両親に似ているが、提供者の遺伝情報も持ち安全性や倫理上の問題点は大きいと指摘されています。
卵の劣化などが原因で、40歳以上の流産率が極めて高くなることや、21トリソミーのような染色体異常児の出生頻度が急激に高くなること、これにはあまり防衛策がないということなどを十分に説明しくれる医師が much better!!

患者の声

OHSSを経験して

1回目の体外受精のときに、OHSSになりました。苦しくて辛くて夜も寝られないほどで、あまりのことに電話をしたら「すぐに来て下さい」と言われ、主人に付き添ってもらってクリニックへ行きました。
 血液検査と内診から卵巣がこぶし大まで腫れていて、腹水もかなり溜まっていることが分かり即入院になりました。妊娠反応も出たのですが、結局は流産。…散々でした。次の体外受精のときには、もう少しからだに優しい誘発方法を選びたいと思います。

(群馬県・34歳)

3度目の正直、じっくりがんばろう!

転院3回目、今までの病院と違って自然周期採卵でからだに負担が少ないということでクリニックを選びました。ロング法などで注射に毎日通うことは、仕事を持っている私としてはとても負担です。それにとっても痛いし…。内服だけの誘発で、本当に大丈夫かという不安は残りますが、自分のからだを信じて、じっくりつき合うつもりでがんばろうと思います。でも時間的な余裕はあまりないんですけどね…。

(東京都・38歳)

こだわりの病院選び

池袋えざきレディースクリニックおち夢クリニック名古屋はなおかIVFクリニック品川とくおかレディースクリニック芝公園かみやまクリニック三軒茶屋ウィメンズクリニック オーク住吉産婦人科